指毛脱毛の肌トラブル

指の毛を処理する時に起こる肌トラブルと対処法について紹介します。

自己処理は問題あり

手っ取り早く自己処理してしまいがちな指のムダ毛ですが、指はストレスを受けやすい部位ですので注意が必要です。

埋没毛(まいぼつもう)

埋没毛とは皮膚の中で、とぐろを巻いている毛のこと。 毛穴が傷つけるムダ毛の自己処理で発生します。脱毛によってできた傷口が癒着することによって、毛の出口なくなってしまうんです。

毛嚢炎(もうのうえん)

抜いたり剃ったりして傷ついた皮膚や毛穴から細菌が侵入することによって発生します。腫れ・赤み・化膿などを毛根の周囲に起こし、痛みを伴います。しみが傷痕として残ることが多く、色素沈着など重症になることもあります。不衛生な環境や器具が原因です。

瘢痕(はんこん)

瘢痕(はんこん)とは、再生した皮膚に残った傷痕のことです。もともとの皮膚よりも硬くなるので、色素沈着したり、ザラついた皮膚になったりします。 原因は同じ箇所のムダ毛処理を何度も繰り返してしまうことです。鳥肌のように毛穴がブツブツと目立ってくることもあります。

指のムダ毛を軽く見ない

指のムダ毛は簡単に手が届く範囲だから、手っ取り早く自己処理をしてしまいがちです。
自己処理をしてキレイになるのは処理をした直後だけです。自分勝手な自己処理はトラブルになることは間違いありません。指の脱毛は安心安全で良心的なサロンで脱毛しましょう。