毛を抜くというムダ毛処理のメリットとデメリット

毛抜きによってむだ毛を抜く方法は簡単でかなりの多くの女性がしている脱毛方法です。毛を抜けば毛根からなくなるのでカミソリで剃るのと比べると、毛が生えてくるまで結構時間が掛かるというメリットがあります。

その反面、デメリットも重大です。毛を抜くときは、皮膚が引っ張られるので痛みがあります。無理をして引きぬくと、抜いた部分の肌が鳥肌のようになってしまったり、埋もれ毛(埋没毛)になったり、皮膚の中に雑菌が入って炎症を起こすこともあります。

少なからず、毛を抜くという脱毛法は皮膚にダメージを与えます。一本一本抜くという手間と痛みを考慮すれば一時、次の毛が生えてこないだけの脱毛法はオススメできません。

毛抜きによるトラブル

指の毛を抜くと、きれいに脱毛したように見えます。しかし、毛の根元の毛根につながっている毛細血管は傷ついています。抜くことによって傷ついた血管から出血が起こったり、炎症が起こる場合がああります。
指の毛を抜いたら、指の皮膚が痒くなったり、毛穴がブツブツとなって目立ってくるのは、傷ついた毛細血管から出血して皮膚の下で炎症を起こしているのが原因なのです。

また、毛を抜いた際に毛根が横になったままだと、伸びてきた毛先が横に伸びていって皮膚の外に出ない現象が起きます。これが埋没毛です。指の皮膚の中に埋没したまま伸びていくという、埋もれ毛です。 毛抜きの他にも毛を抜く方法として、脱毛テープやワックス、家庭用脱毛器などがありますが、説明書をよく読んで使うことが大切です。いきなり指の脱毛に使ってしまえば、肌トラブルになりかねませんので、目立たない部分で一度試してから使うことをオススメします。

毛を抜き続ければ指の毛は薄くなる

人間の毛穴の数は、生まれたときから一定です。抜いたからといって増えることはないのです。だから、抜けば抜くほど薄くなることもないし、増えることはありません。
同様に、よく聞くカミソリで剃って濃くなるというのも間違いです。毛深くなることはないです。カミソリで剃った場合、剃った部分の毛の断面積が広いので、伸びてきた毛が濃くなったように見えるだけです。カミソリ処理で毛の太さが太くなることはないのです。

毛抜きによる脱毛を続けると、埋没毛になることがあるので、注意が必要です。
皮膚の中で、とぐろを巻いたような毛が埋没毛です。自己処理で毛穴が傷つくことで起こります。毛穴の傷口が癒着して指毛の出口をふさいでしまうために起こる脱毛トラブルです。

埋没毛が指にあると見た目も美しくないので最悪です。避けるためには、毛抜きで無理やり引き抜いたりしないことです。それと剃る場合も刃がボロボロのカミソリを使わず清潔にしていましょう。指の肌をいたわりながら脱毛することがキレイな指になるためには大切です。